ホーム » おもしろニュース » JAL「パイロットは年収1600万円」 中国の航空会社「うちは4000万円出す」→大量離職へ


-- 広告 -- -- 広告 --

JAL「パイロットは年収1600万円」 中国の航空会社「うちは4000万円出す」→大量離職へ

読了までの目安時間:約 3分

JAL「パイロットは年収1600万円」 中国の航空会社「うちは4000万円出す」→大量離職へ
1 名前: ファイナルカット(庭)@\(^o^)/:2016/01/28(木) 12:21:49.55 ID:WomCEyFp0●

JALは、2010年に経営破綻したのに合わせて従業員の給与を大幅にカット。その後、業績の回復に伴い、11年1月と14年6月の2度にわたってパイロットの賃金改定を行った。その結果、平均年収は1636万円にまで回復している。


-- 広告 -- -- 広告 --

とはいえ、いまだ全日本空輸(ANA)のパイロットと比べて300万円程度の開きがあるが、それも仕方がない話。というのもJALは、再建時に公的資金の注入を受けるなど優遇されたので、公平性を担保するため、17年3月まではさまざまな制約がかけられているからだ。

そういう意味では、いまだ破綻の“禊ぎ”を終えたわけではない。にもかかわらず、3度目のしかも大幅な賃上げに踏み切る背景には、パイロットの大量離職があった。

航空需要の拡大で、パイロットは国内のみならず世界的に不足し、ヘッドハントが多発している。JALのパイロットは、大型機のライセンスや、日本のマーケットで磨き上げた高い操縦技術を持つ一方で、破綻に伴う給与カットで年収が相場よりも低いため、格好のターゲットになっていた。

関係者によると、中でも中国の航空会社による引き抜きは激しく、年収4000万円といった破格の条件を提示するところまであるという。その結果、14年度は機長22人、副操縦士9人がJALから他社へ転職。15年度になっても流出は続いている。

当然のことながら、パイロットがいなければ運航に支障が出る。14年には、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションやバニラ・エアが、パイロットの確保がままならず大量欠航に追い込まれている。

「このままパイロットが流出していけば、せっかく軌道に乗っていたJALの事業計画そのものが破綻してしまう可能性も出てくる」と、航空関係者は指摘する。 (抜粋)
http://diamond.jp/articles/-/85359?page=2

続きを読む

 記事引用元
JAL「パイロットは年収1600万円」 中国の航空会社「うちは4000万円出す」→大量離職へ

 【画像】北野のぞみとかいう超絶美少女AV女優wwwwwwwwwwwwwww

【画像あり】ズッキが痩せてただのブスになった件wwwwwwwwwww

【伝授】スマホでお小遣い稼ぎの裏ワザ!


無料レポートを紹介します

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿