ホーム » おもしろニュース » AKB48 田名部生来、“同期との差”に苦しんだ過去を明かす「私の肩書きは“干されのカリスマ”」 – リアルサウンド


-- 広告 -- -- 広告 --

AKB48 田名部生来、“同期との差”に苦しんだ過去を明かす「私の肩書きは“干されのカリスマ”」 – リアルサウンド

読了までの目安時間:約 1分

リアルサウンド

AKB48 田名部生来、“同期との差”に苦しんだ過去を明かす「私の肩書きは“干されのカリスマ”」
リアルサウンド
2006年に行われた「第三期AKB48追加メンバーオーディション」にて、渡辺麻友や柏木由紀と並んでAKB48のメンバー入りを果たした田名部。同期メンバーのキャッチコピーの話題から始まり、「ゆきりんは“握手会の女王”って言われたりとか、まゆゆは“アイドルサイボーグ”。
AKB卒業の田名部生来、後輩に贈った言葉「ファンを裏切らなくてよかった」マイナビニュース
AKB48「干されのカリスマ」が後輩へ涙の授業ドワンゴジェイピーnews

all 3 news articles »

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿