ホーム » おもしろニュース » 加給年金について調べてみました


-- 広告 -- -- 広告 --

加給年金について調べてみました

読了までの目安時間:約 8分

 

今朝、何気なく観ていたテレビ
「あさチャン」で年金の事が放送されました。
 
内容は「加給年金」についてでした。
 
加給年金」って何?
と思ったので、
グーグルで検索しました。

 

 

加給年金とは
加給年金について 日本年金機構ホームページ
厚生年金保険の被保険者期間が20年方が、65歳到達時点で、その方に生計を維持されている下記の配偶者または子がいるときに加算されます。

 

日本年金機構の説明だけだと、よく分かりません。
 

     

  1. 加給年金とは?もらえる条件と年金額 [年金] All About
  2.  

  3. 加給年金額と振替加算|日本年金機構
  4.  

  5. 加給年金とは何ですか? - 年金Q&A|家計&保険相談(無料)【保険 ...
  6.  

  7. 加給年金がもらえる人の条件:対象者と支給停止になるケースを確認
  8.  

  9. 【年金】「配偶者加給年金」を知っていますか?年金額が月に3万2000円 ...
  10.  

  11. 加給年金と加給年金額対象者に係る届出について 年金Q&A(よくある ...
  12.  

  13. 加給年金が妻のものになる振替加算とは?
  14.  

  15. 厚生年金保険の家族手当である「加給年金」の加算条件と振替加算 ...
  16.  

  17. 厚生年金増額対策その1「加給年金」
  18.  

  19. 加給年金ってなんですか? - 本人が厚生年金全額もらえるようになっ ...

 
 

加給年金 関連URL
 
共働きの夫婦が「共働き」しすぎると、貰える年金が減ってしまう話
まぐまぐニュース! 2017年06月12日 04:31
ただし、そんな配偶者加給年金は配偶者自身が厚生年金期間や共済組合期間が20年以上ある年金を受給できるようになると停止されてしまいます(平成27年10月からの改正で厚年と共済合わせて20年以上の年金を貰うようになると停止になる)。つまり、夫婦共に厚生年金 ...


日本の年金制度
日豪プレス 2017年06月19日 14:25
あまり知られていないのですが、老齢年金受給開始時に扶養すべき年下の配偶者または18才以下の子がいると老齢年金に上乗せして加給年金が支給されます。 対象は厚生年金(国民年金は不可)に20年以上加入されていた方ですが、日豪社会保障協定により日豪の通算年金 ...


年金額が月に3万円もUPする「配偶者加給年金」を知っていますか?
まぐまぐニュース! 2016年11月07日 04:31
厚生年金加入期間が20年以上ある人は、自分が65歳になった時に生計維持している65歳未満の配偶者が居れば、年金が65歳時に390,100円(月額32,508円)アップする場合があります。390,100円は配偶者加給年金と言います。 生計維持というと扶養されてるって意味で ...
厚生年金の加入が20年超の人に朗報 年金額UPする「配偶者加給年金livedoor


Q 妻をずっと扶養 夫婦としての額は=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
毎日新聞 2017年05月29日 02:50
加給年金とは、給料でいう家族手当のようなもので、厚生年金に原則20年以上加入している人に配偶者(一般的には妻)がいる場合に加算されます。支給額は定額で約39万円(本年度は38万9800円)なので月額3万円程度です。一般的には65歳から支給開始になり、妻が65 ...


役所は教えてくれない、60代から「減らせる税金」「増やせる年金」
現代ビジネス 2016年10月07日 06:22
一方、こんな場合は、妻が20年以上厚生年金を掛けても加給年金が受け取れるという。 「それは、夫が年金の受給を初めたあとに妻が20年目の掛け金を払った場合です。加給年金がもらえるかの判定は、夫が年金の受給を始めた時点で行われ、一度支給が開始されると、今度 ...


年金のプロが解説。今度の「最低10年加入」改正で年金が増える人
まぐまぐニュース! 2017年02月23日 05:09
専門家が分析した衝撃の受給額」でお伝えしたとおりですが、いよいよ今年9月分からその支給が始まります。無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では、著者のhirokiさんが「10年短縮による加給年金と振替加算で更に年金が増額する」という ...


年金の種類を教えて!国民年金・厚生年金・共済年金について調べてみた
エキサイトニュース 2017年03月06日 17:23
加給年金=被扶養かつ65歳未満の配偶者や子がいて、20年以上の加入期間があるなど一定要件を満たすと加算される年金です。配偶者が65歳になるまで、子が18歳になるまで支給されます。 年金加入年数や概算額は「ねんきん定期便」で確認できます。年に一度、ライフ ...
早く言ってよぉ。60歳からでも間に合う年金受取額を増やす裏ワザまぐまぐニュース!


「絶望の老後」を送らないために、やっておくべき30のこと
現代ビジネス 2017年05月17日 08:25
妻が65歳になるまで、年に約40万円の加給年金を受け取れます。この場合、夫が厚生年金をいつから受け取るかに注意をしてください。繰り下げ受給を選択すると、その期間中は加給年金がもらえません。仮に5年繰り下げると、最大約200万円を損するのと同じになってしまい ...


「10年年金」の注意点 支給は低額、対象外の年金も
日本経済新聞 2017年05月21日 10:01
25年必要だった年金を受け取るための期間が8月から10年に短縮される。これまで期間が足りずに年金をもらえなかった人には朗報だろう。今後、より多くの人が年金を受給しやすくなるのも確かだ。だが、期間が短ければ受取額は少ない。遺族年金や障害年金は受け取れない ...


一時金/年金方式 退職金、受け取り方の損得は…
東京新聞 2016年12月08日 08:12
だが、六十五歳になって老齢基礎年金と加給年金の受給が始まり、そこに退職年金も加わった。男性は当初、定年後も五年間働く予定で退職年金を六十五歳からにしたが、高木さんは「公的年金が始まるまでのつなぎで退職年金を利用する人も多い」と話す。 一時金ならまとまっ ...

 
 
これからは、昔のように年金だけで悠々自適な生活というのは難しそうです。
少子化や高齢者の増加など、かつての良き時代とは状況が違うのでいたしかたないというところです。
 
理想は、生涯現役。
健康を保ち、生きがいのある仕事をし、家族仲良く、年金の他に安定した収入がある。
そんな生活だと、いいなぁと思いませんか?
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿