ホーム » おもしろニュース » 霊感が強いオカンの前に現れた「血走った目の男」が必死に伝えようとしたこと


-- 広告 -- -- 広告 --

霊感が強いオカンの前に現れた「血走った目の男」が必死に伝えようとしたこと

読了までの目安時間:約 2分

霊感のつよいおかんの話

霊感が強く不思議なものが視えてしまうという報告者の母親。そんな母が若い頃アパート暮らしをしていると、深夜に「ドン、ドン」と何かを叩く音で目が覚め、そこには真上から覗き込む男の顔があったそうで――(おうまがタイムズ)
251
オレのオカンはいわゆる「霊感」が強い。
普段、人に見えないものが見えるらしい。

オレが生まれ育ったところはもの凄い田舎で
近所の人たち、というか、集落の人全てが
それなりに何らかの形で付き合いのあるような土地だ。

どこどこの誰々が亡くなった、となると
御通夜には集落のあちこちから
故人を弔いに出向いてくる。
その行き帰りに「ひとだま」をよく見ると言っていた。

オカンはお寺の生まれだ。
住職はオレの祖父がつとめていた。
そんな血筋も「霊感」なるものに影響を与えていたのかも知れない。


続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿