ホーム » おもしろニュース » 嵐を支えたケータリングが話題!松本潤は同メニューを食べ続け、二宮和也は全メニューを堪能


-- 広告 -- -- 広告 --

嵐を支えたケータリングが話題!松本潤は同メニューを食べ続け、二宮和也は全メニューを堪能

読了までの目安時間:約 5分

のドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』の東京ドーム公演(2017年12月24日~26日)で、横浜市内の蕎麦店「S」のケータリングサービスがメンバーに好評だったと、1月23日発売の「週刊女性」が報じている。

松本潤(34)は“あるメニュー”を3日間食べ続けたのに対し、二宮和也(34)は全メニューを食べ比べたようで…?

※メニューの選び方にも、性格が出るようです。
嵐 ARASHI 公式グッズ ARASHI LIVE TOUR Beautiful World フォトセット【集合】

の5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』(2017年11月17日~2018年1月14日、5会場18公演)が年をまたいで開催され、2018年1月14日の大阪公演でファイナルを迎えた。

嵐が年末に5大ドームでコンサートツアーを行うのは6年連続で、前回(2016年~2017年)に引き続き、今回(2017年~2018年)も年またぎのスケジュールとなった。

なお嵐は大晦日(2017年12月31日)に「第68回NHK紅白歌合戦」(9年連続9回目。二宮和也は白組司会も担当)と「ジャニーズカウントダウン 2017-2018」(東京ドーム、二宮はVTR出演)に出演していただけに、年またぎといっても息つく暇もないほどのスケジュールだったといえる。

そんなコンサートの連戦中にメンバーの胃袋を支えたのが、ケータリング(顧客の指定する元に出向いて食事を配膳、提供するサービス業。情報元:ウィキペディア)だったようだ。

特に東京ドーム公演(2017年12月24日~26日)で食事を提供した横浜市内の蕎麦店「S」のメニューは、メンバーに好評だったという。松本潤は3日間、同じものを食べ続けたようで…?

(以下引用)

「『S』のカレー南蛮は鴨のだしが香ってねぎの風味がプラスされた絶品。

実はカレーが大好きな松本クンはとても気に入ったようで、わき目もふらず連日カレー南蛮。子どもみたいでしたね(笑)」(同・コンサート関係者)

(引用元:週刊女性)

松潤は、「S」の“カレー南蛮”(カレー汁がかかった蕎麦で、長ネギが入っていることが多いようです)がお気に入りだったようで、よほど美味しかったのかも。

また3日間連続で食べた点からは松潤の強いこだわりが感じられますし、凝り性で頑固な性格のようにもみえます。

またコンサート中なだけに、食事によって体調を左右されないよう考えたのだとすれば、合理的な選択をしているようにも感じられます。

一方、二宮和也のメニューの選び方は対照的だったようで…?

(以下引用)

「味にうるさい二宮クンらしいですよね。3日間でほぼ全メニューを食べたのですが、最終的にいちばん気に入っていたのは、シンプルなもりそばにシメのそば湯

確かに香りとのどごしを楽しめますが、若さに似合わず渋い〝通好み〟のセレクトです」(別のコンサート関係者)

(引用元:週刊女性)

二宮は全メニューを食べてみたうえで、もりそばが気に入ったようだ。とりあえず全メニューを食べてみた点からは、新しい挑戦への柔軟さが感じられる一方で、あまりリスクを取らない性格にもみえます。

どちらにしても、蕎麦店「S」のメニューが美味しかったことに変わりはないようだが、メニュー選びには性格が出たような裏話でもある。

ちなみに、今回の「週刊女性」さんに掲載されている「S」の外観写真から推察すると、蕎麦店「S」はおそらく横浜市の菊名にあるお店かも。気になる方はチェックされてみては。

★関連記事 ★嵐のニュースを探すなら

 

この記事に関連する記事一覧


無料メルマガに参加する

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿