ホーム » おもしろニュース » 小野寺五典防衛相「北朝鮮の新型ICBMは射程1万キロ超」 弾頭の大気圏再突入技術は引き続き慎重に分析 – 産経ニュース


-- 広告 -- -- 広告 --

小野寺五典防衛相「北朝鮮の新型ICBMは射程1万キロ超」 弾頭の大気圏再突入技術は引き続き慎重に分析 – 産経ニュース

読了までの目安時間:約 1分

Newsweekjapan

小野寺五典防衛相「北朝鮮の新型ICBMは射程1万キロ超」 弾頭の大気圏再突入技術は引き続き慎重に分析
産経ニュース
小野寺五典防衛相(斎藤良雄撮影). 小野寺五典防衛相は5日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮が先に発射した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)に関し「飛行高度や距離、公表された映像を踏まえた初期的評価として、搭載する弾頭の重量によっては1万キロを超える射程となりうる」と述べた。日本政府が同ミサイ ...
防衛省が長射程ミサイル導入を検討 東シナ海の中国軍や北朝鮮も視野にNewsweekjapan
北朝鮮ミサイル射程は1万キロ超の可能性 防衛相NHK
小野寺防衛相「射程は1万キロ超える」毎日新聞
朝日新聞
all 20 news articles »

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿