ホーム » おもしろニュース » 実話恐怖「憲兵だった大叔父、反逆者の処刑を執行しおかしくなっていった友人に恨まれて…」


-- 広告 -- -- 広告 --

実話恐怖「憲兵だった大叔父、反逆者の処刑を執行しおかしくなっていった友人に恨まれて…」

読了までの目安時間:約 2分

実話恐怖体験談 おうまがロゴ

実怖「憲兵だった大叔父、反逆者の処刑を執行しおかしくなっていった友人に恨まれて…」

昔、憲兵をやっていたと語る大叔父。戦時中にはやりたくもない酷い尋問などもやらされていたとか。そんなある日、反逆者を処刑することとなり、拒否した大叔父のかわりに友人が刑を執行することになってしまって――

俺の大叔父、祖父の弟の話なんだが興味深かったから話したい。
80年~90年ぐらい昔の話かな?

祖父の家は農家で大叔父は五男で末弟だった。
聞く話によると農家の五男あたりは穀潰しで
ろくな扱いを受けていなかったと言ってた。

ただ大叔父は他の兄弟と比べて格段に頭が良く、
当時の小学校の先生からも褒められて
「憲兵学校」?みたいな所に受験したらしい。
家族は受かるはずも無いと思っていたらしいが、なんと合格。
憲兵となった。

当時にしては破格の給料だったが
大叔父は極僅かな金しか実家に贈らなかったと。
祖父は「あんだけ邪険にしていたからしょうがない」と言っていた。

んで大叔父の話は第二次世界大戦の時かな。
詳しいことは話したがらなかったが
色々と酷い尋問をしたことがあると言っていた。

当時、憲兵は「鬼」と呼ばれて相当嫌われていたらしい。
唯一大叔父が酔っている時に教えてくれた尋問は「絶対に眠らせない」というもの。
対象を椅子に縛り付けて常にビンタし続ける、というのだった。
いつも優しい大叔父からは到底考えられなかった。
だけどとても悲しそうに話していたのは覚えている。


続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿