ホーム » おもしろニュース » 外国人観光客が日本で感じた二大不満 「英語通じない」「WiFi使えない」


-- 広告 -- -- 広告 --

外国人観光客が日本で感じた二大不満 「英語通じない」「WiFi使えない」

読了までの目安時間:約 3分

外国人観光客が日本で感じた二大不満 「英語通じない」「WiFi使えない」
1 名前: パイルドライバー(東京都)@\(^o^)/:2016/03/18(金) 21:51:10.28 ID:BczaQ+VG0.net

1ここ10年ほど、リーマンショックのあった2009年と東日本大震災の2011年をのぞき、訪日外国人客は増え続けている。2013年には初めて年間1000万人の大台を超え、2014年は1341万人、2015年には前年比47%という脅威の伸び率で1973万人にまで達した。2016年1月と2月も前年比を上回っており、今年も過去最高を上回り、おそらく2000万人を超えるのではないだろうか。

2003年の訪日客数は521万人から、十数年で4倍にまで急増。円安が続く限り、この傾向は続きそうだ。2020年には東京五輪も控えていることから、外国人観光客への対応は今後さらに課題となるだろう。


-- 広告 -- -- 広告 --

空港や百貨店にイスラム教徒のための礼拝スペースが設けられたり、駅構内や商業施設で多国語表示が増えるなど、すでにさまざまな取り組みが始まっている。地域の商店街が多国語のガイドマップをつくる動きも多い。迎える側も試行錯誤で外国人観光客のニーズに応えようとしている。

それでは、当の外国人観光客にとって、日本の「おもてなし」はどう見えているのだろうか。実際の反応を探ってみた。

総務省と観光庁が今年1月に発表した「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」によれば、「旅行中困ったこと」(複数回答)の結果は「無料公衆無線LAN環境」(46.6%)で、「施設等のスタッフとコミュニケーションがとれない(英語が通じない等)」(35.7%)、「多言語表示(観光案内板等)」(20.2%)、「多言語地図、パンフレットの入手場所が少ない」(18.8%)、「割引チケット、企画乗車券の情報の入手」(14.9%)、「公共交通の利用方法(乗換方法を含む)」(14.8%)が続いた。

「無料公衆無線LAN環境」について、使えない場所として不満が多かったのは鉄道(駅構内)。空港やホテルでの満足度は高かったが、鉄道や商業施設のほか、観光案内所、観光スポットでの満足度は低く、改善の余地がありそうだ。
http://diamond.jp/articles/-/88123

続きを読む

 記事引用元
外国人観光客が日本で感じた二大不満 「英語通じない」「WiFi使えない」

 【衝撃注意】戸田恵梨香の絶対タブーな黒歴史とは?

俺を強烈に勘違いさせた女の子たちの行動ベスト5wwwwwwwwwww

【伝授】スマホでお小遣い稼ぎの裏ワザ!

bookthestory
RMAプロジェクト


自由な人生を手に入れる教科書

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿