ホーム » おもしろニュース » 古舘氏 報ステ15.2%で有終


-- 広告 -- -- 広告 --

古舘氏 報ステ15.2%で有終

読了までの目安時間:約 8分
2004年4月から12年間キャスターを務めた古舘伊知郎氏(61)が テレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)に最後の出演をした 3月31日放送分の平均視聴率は15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区) だったことが1日、分かった。
 
 
古舘伊知郎さん「色々な発言できなくなりつつある空気がある」 最後の「報ステ」で熱弁
ハフィントンポスト 2016年04月01日 05:10
テレビ朝日系列のニュース番組「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が、3月31日の出演をもって番組を降板した。番組の最後に12年間のキャスター生活を振り返り「色々な発言ができなくなりつつあるような空気は感じている」などと熱く語った。 古舘さんは「古巣で ...
古舘キャスター、報ステに最後の出演 「圧力一切ない」朝日新聞
古舘伊知郎さん:「無難な言葉面白くない」…最後の報ステ毎日新聞
「発言できなくなりつつある空気」 古舘さん、報ステ最後の出演東京新聞
 
古舘氏きょう降板「政府批判する方消えていく」 長妻氏
朝日新聞 2016年03月31日 17:39
きょうの「報道ステーション」で古舘さんが最後。私もかつてマスコミの端くれにいたので気になるのは、テレビから政府批判を強くする方が、どんどん消えているような気がすること。批判を忘れた国は必ず大きな過ちを犯すというのは、70年前の戦争の反省だ。 立憲主義を ...
 
古舘キャスター、最後の「報ステ」
デイリースポーツ 2016年03月31日 22:06
古舘キャスター、最後の「報ステ」. 2016.3.31 (Thu). zoom. 古舘伊知郎キャスター. フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が31日夜、2004年から12年間メーンキャスターを務めてきた、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)に最後の出演をした。
 
古舘伊知郎氏 球界の金銭授受問題をめぐる報道で謝罪「裏付けなかった」
livedoor 2016年03月31日 17:40
30日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏が、プロ野球巨人軍の金銭授受問題をめぐる14日の放送について、謝罪する場面があった。 14日の放送では、巨人の選手が公式戦の勝敗に応じて現金をやり取りしていた問題を取り上げた。そのなかで、朝日 ...
 
古舘氏、最後の「報ステ」 圧力を否定
デイリースポーツ 2016年03月31日 23:37
古舘氏、最後の「報ステ」 圧力を否定. 2016.3.31 (Thu). zoom. 古舘伊知郎キャスター. フリーアナウンサーの古舘伊知郎キャスター(61)が31日夜、2004年から12年間メーンキャスターを務めてきた、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)に最後の ...
 
古舘氏、熱弁7分!最後の報ステ出演
デイリースポーツ 2016年04月01日 06:47
古舘氏、熱弁7分!最後の報ステ出演. 2016.4.1 (Fri). zoom. 最後の報ステ出演を終えた古舘伊知郎キャスター. フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が31日、2004年から12年にわたりメーンキャスターを務めたテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)を卒業、 ...
 
【全文】古舘氏、最後の“名演説”
デイリースポーツ 2016年04月01日 00:43
フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が31日夜、2004年から12年間メーンキャスターを務めてきた、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)に最後の出演。番組のラスト10分間、突然の降板の真相や、報道番組にかけた情熱を語って締めた。
 
古舘氏「死んでまた再生します」 ラスト『報ステ』7分“演説”で誓う
サンケイスポーツ 2016年04月01日 05:24
2004年4月からテレビ朝日系「報道ステーション」のメーンキャスターを12年間務めた古舘伊知郎氏(61)が31日、最後の出演を迎えた。 番組のラストは7分半にわたり“演説”。現在の心境をヒット曲「浪花節だよ人生は」の一節「人の情けにつかまりながら、折れた情けの枝で ...

 

【写真】「報道ステーション」の新キャスターを務めるテレビ朝日の富川悠太アナウンサー

 1月19日の15・1%を上回り、今年最高の数字を記録。有終の美を飾った。
  古舘氏は番組の最後に「一部で言われているような圧力がかかってやめるわけではない。私のわがままです。お許しください。私の中で育った魂を後任の方に受け継いでもらいたい」と8分間にわたり、マシンガントークであいさつした。
  04年、久米宏氏(71)が18年6カ月キャスターを務めた「ニュースステーション」の後を継いだ。約2年前、テレビ朝日の早河洋会長に「10年を区切りとして、別の挑戦をさせてください」と降板を申し入れたが「契約があと2年残っている」と慰留された。
  「言っていいことと駄目なことの綱渡りだった」と昨夏に改めて辞意を伝えると再び説得されたが、折れることはなく、昨年12月に降板を発表。「うっぷんがたまった。娯楽の方(バラエティー番組)で思いっきりしゃべり倒したい」と看板番組を離れる理由を語った。
  「報道ステーション」は04年4月5日にスタート。3月31日までの放送回数は全3024回(古舘氏は夏休みなど全回出演はせず)、12年間の平均視聴率は13・1%。
 1日からは期首の特別番組が放送され、11日から後任として同局の富川悠太アナウンサー(39)がキャスターを務める。
 
【関連記事】
-- 広告 -- -- 広告 --
  引用:古舘氏 報ステ15.2%で有終  
   

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿