ホーム » おもしろニュース » トランプ氏、日本の核兵器保有を容認へ 安保改定で


-- 広告 -- -- 広告 --

トランプ氏、日本の核兵器保有を容認へ 安保改定で

読了までの目安時間:約 3分

トランプ氏、日本の核兵器保有を容認へ 安保改定で
1 名前: ハイキック(東京都)@\(^o^)/:2016/03/27(日) 12:27:00.33 ID:w1p1hDRj0.net

1米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、大統領選共和党指名争いで独走状態の実業家トランプ氏がインタビューで、日本と韓国の核保有を排除しない考えを示したと報じた。在日、在韓米軍の撤収や日米安保条約再検討の可能性にも言及した。

トランプ氏の党指名獲得は現実味を帯びつつある。本選を含めて勝ち進み大統領になった場合、今回の発言は第2次大戦や冷戦を経て築かれた日米関係や国際秩序が見直される事態も起こり得ることを示した。
http://this.kiji.is/86576359027164662?c=39546741839462401


-- 広告 -- -- 広告 --

米大統領選の共和党指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏(69)は、大統領に就任した場合、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる考えを示した。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が26日に掲載したインタビューで語った。

トランプ氏はこれまでも「日米安全保障条約は不公平だ」と負担増を求める意向を示していたが、米軍撤退の可能性に言及したのは初めて。

インタビューで、日米安保条約について「片務的な取り決めだ。私たちが攻撃されても、日本は防衛に来る必要がない」と説明。また「米国には巨額の資金を日本の防衛に費やす余裕はもうない」と述べ、米国の財政力衰退を指摘した。

その上で、インタビュアーが「日本は世界中のどの国よりも駐留経費を負担している」とただしたのに対し、「実際のコストより、はるかに少ない」と強調。さらに「負担を大幅に増やさなければ日本や韓国から米軍を撤退させるか」と畳み掛けられると、「喜んでではないが、そうすることをいとわない」と語った。

トランプ氏は日本政府と再交渉し、安保条約を改定したい考えも表明。日韓両国が北朝鮮などから自国を防衛できるようにするため、両国の核兵器保有も否定しないという見解も示した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016032700018

続きを読む

 記事引用元
トランプ氏、日本の核兵器保有を容認へ 安保改定で

 女のおまんまんの洗い方の説明漫画が激エ口wwwwwwww

水中カメラの魅力・・・・・水の中では頻繁にポロリしちゃってるらしい

【画像】北野のぞみとかいう超絶美少女AV女優wwwwwwwwwwwwwww

【正攻法】気軽にお小遣い稼ぐ裏ワザ教えちゃうww


無料メルマガに参加してプレゼントに応募する


自由な人生を手に入れる教科書

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿