ホーム » おもしろニュース » 【採ってはいけない】実りの秋「殺しの天使」に気をつけて!


-- 広告 -- -- 広告 --

【採ってはいけない】実りの秋「殺しの天使」に気をつけて!

読了までの目安時間:約 2分
1
別名「殺しの天使」の猛毒キノコ、ドクツルタケ(日本きのこ研究所提供)



実りの秋が訪れ、キノコ狩りも最盛期を迎えるが、気をつけたいのが毒キノコ。専門家でも見分けが難しい種類があり、9~10月には毒キノコによる食中毒が多発している。関係者は「採らない、食べない、売らない、人にあげないで」と注意を促している。

(略)

 日本きのこ研究所(桐生市)顧問の中沢武さん(68)によると、キノコの毒による症状は①肝臓や腎臓の障害②神経系に作用③胃腸を刺激④手足の末端に激痛――の4種類。

 ①のキノコの代表格は「ころしの天使」の別名があるドクツルタケで、1本で致死量の毒がある。

(略)

 毒キノコを食べてしまったら、ぬるま湯を飲み、口に指を入れて吐く。しかし、これはあくまで応急処置で、中沢さんは「早く医師に診てもらう方がいい。キノコも持参してほしい」と話す。

(略) 

配信2017年9月25日05時17分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK9Q7VTYK9QUHNB00L.html



続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿