ホーム » おもしろニュース » 【呪いの儀式】上司を呪う丑の刻参りを俺と友人に見られてしまった女が放った恐怖の一言


-- 広告 -- -- 広告 --

【呪いの儀式】上司を呪う丑の刻参りを俺と友人に見られてしまった女が放った恐怖の一言

読了までの目安時間:約 3分
763
俺が小学生だった80年代頃の話

友達のAとBと一緒に、Bが誕生日祝いで買ってもらった天体望遠鏡を使って天体観測をすることになった。
俺の家とAの家は住宅街だったし、Bの家はうちから若干離れていた田舎だったけど庭でできそうもなかったので
Bの家の近所の神社の境内でしようということになった。
夏休み中だったのでBの家で一泊する事になり、ある程度夜更かしを許された俺達は10時頃までゲームをしていた。
そしてそろそろいくかーと虫よけスプレーなどして準備万端でいざ神社へ向かった。

境内に入ると虫の声が少ししていただけでほとんど何も聞こえず、
天体望遠鏡を設置して懐中電灯の明かりを消すと真っ暗になった。
最初は星座の名前を調べたりしてワイワイとやっていたが、だんだん飽きてきた。
低倍率の天体望遠鏡で見えるのはほとんど代わり映えしない恒星ばかりだったからだ。

そろそろ帰ろうか、という事になりライトを探すがどこにあるのか分からない。
管理していたAが、どこだっけ?と言いながら手探りで探し始めた。
すると、どこからかコーン・・・コーン・・・という音が響きだした。
なんだろう?Aが泣きそうな顔で必氏に探している中、俺とBはその音が気になり音の出処である神社の隅に行ってみた。
俺たちは神社の鳥居をくぐって左手側の広場で天体観測をしていたんだが、音は右手側の林からしていた。
音の方から明かりが見えた。遠目でもよく分かる、白装束に身を包んだ人間だった。
俺は丑の刻参りを知っていたので焦った。
Bはよくわからないといった感じで小声で「何あれ?」とか聞いてきた。
叫びたい気持ちを抑え、「やばそうなので戻ろう」とBに言おうとしたその時、後ろから
「おーい、懐中電灯あったぞー!」と叫びながらAが懐中電灯のライトをぐるぐるとこちらに向けながら走ってきた。

コーン・・・コーン・・・という音が止まった。
バレた・・・終わった・・・
そう悟った。

「逃げるぞ!!」
俺が叫ぶと、AとBはポカーンとしていたが、俺がダッシュで逃げるのを見てパニくったのかAは泣きながら付いてきた。
しかしBは「天体望遠鏡!!」といって広場のほうに行ってしまった。


続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿