ホーム » おもしろニュース » 【不気味】人体バラバラ事故に現れた嗤うペラペラおばさん


-- 広告 -- -- 広告 --

【不気味】人体バラバラ事故に現れた嗤うペラペラおばさん

読了までの目安時間:約 2分

ペラペラおばさん

昭和30年頃、ある工場で爆発事故が起きて3名が亡くなった。爆発により遺体がバラバラになったそうなのだが、その事故現場に野次馬に紛れ薄気味悪く嗤うおかしな女が現れて――(おうまがタイムズ)

関連記事


357 2017/06/30(金)
うちの近所に昔 火薬工場があった
ちなみに今は公園になってて、
一応倉庫?やトンネルなんかは残ってる。

昭和30年頃、その工場で爆発事故が起きて3名が亡くなった。
そのうちの1人は即死だったんだけど
近くに住んでいた祖母宅の周りの山にまで
バラバラになった遺体が吹き飛んで来たらしい。

後日、野次馬精神で祖母や近所の人々は現場を見に行った。
すると奇妙なオバサンがフラフラ歩いていたそうだ。

野次馬の中をぶつかること無くスルスルすり抜け、祖母の方へ近付いてくる。
何故か言葉では言い表せ無いほどの不気味な笑みを浮かべていたらしい。 


続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿