ホーム » おもしろニュース » 【まるでSFの世界】超監視社会が近づいて来ている


-- 広告 -- -- 広告 --

【まるでSFの世界】超監視社会が近づいて来ている

読了までの目安時間:約 2分
1
最近の大学生は、20歳になるまでコンパなどの場でアルコールを飲まないようにしているようだ。

順法意識が昔よりも高まっている、ということではなく、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に
酔った写真が載るのを警戒しているらしい。未成年時の飲酒がSNSによって発覚し、企業からの採用内定が取り消しになることを彼らは恐れている。
実際、内定を出した学生の過去をSNSでチェックする企業は近年少なくない。

当初、SNSは個人の自由な表現の場であったわけだが、いつの間にか常に日常生活を人々が監視し合う状況を生み出してしまった。

街中の監視カメラがさらに増えたり、カメラを載せたドローンが多数飛んだりするようになれば、その人の居場所を突き止めるのも容易になる。
匿名が許されない監視社会はすぐそこまで来ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00145743-diamond-soci



続きを読む

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿