ホーム » おもしろニュース » 「そうか、あかんか。一緒やで」 介護殺人事件その後、加害者の長男は自殺していた


-- 広告 -- -- 広告 --

「そうか、あかんか。一緒やで」 介護殺人事件その後、加害者の長男は自殺していた

読了までの目安時間:約 3分

「そうか、あかんか。一緒やで」 介護殺人事件その後、加害者の長男は自殺していた
1 名前: スパイダージャーマン(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/01/05(火) 13:05:10.45 ID:in1iX1Qu0.net

介護殺人その後 加害者も心に大ダメージ 社会復帰に壁
2006年に京都市伏見区で起きた認知症の母殺害事件。承諾殺人罪に問われ、有罪判決を受けた長男(62)が14年8月、大津市の琵琶湖で命を落とした。親族によると、自殺とみられる。


-- 広告 -- -- 広告 --

京都地裁は06年7月、長男に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。裁判官は「裁かれているのは日本の介護制度や行政だ」と長男に同情した。長男も法廷で「母の分まで生きたい」と約束した。

それから約8年。長男はどう生活していたのか。親族らによると、長男は裁判の後、滋賀県草津市の家賃約2万2000円のアパートで1人暮らしを始め、木材会社で働いた。

部屋には母親と事件前に病死した父親の位牌(いはい)を安置する仏壇を置いたが、事件のことを口にすることはなかった。勤務先の同僚は「真面目に黙々と仕事をこなした」。近所の男性は「誰かが訪れるのを見たことがない。孤独だったのでは」と話した。

13年2月、「会社をクビになった」と親族に伝えたのを最後に、連絡が取れなくなった。自宅にも帰らず、行方が分からなくなった。親族が警察に行方不明者届を出したが、14年8月1日に遺体で見つかった。その日の朝、長男とみられる男性が琵琶湖大橋から湖に飛び降りるのを目撃した人がいたという。

「彼は最後まで孤独から抜け出せなかった」。親族の男性は毎日新聞の取材に無念さをにじませた。男性によると、長男が亡くなる際に身に着けていたカバンには、自分と母親のへその緒、そして「一緒に焼いて欲しい」というメモ書きが入っていた。所持金は数百円で預金はなかった。

※記事の一部を抜粋しました、全文はソースで
http://mainichi.jp/articles/20160105/k00/00m/040/124000c

続きを読む

 記事引用元
「そうか、あかんか。一緒やで」 介護殺人事件その後、加害者の長男は自殺していた

 茨城のコンビニで”めちゃくちゃエ□いボイン女(Fカップ)”がバイトしてる。

【圧巻映像】745人の男女が一斉に全裸でビーチに!!ギネス記録更新!!

電話占いWish 恋愛問題、男女の悩み、全てOK!


「自由な人生を手に入れる教科書」は読みましたか?

 

この記事に関連する記事一覧

— 広告 —


— 広告 —

おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿