ホーム » アーカイブ

【異世界】心霊スポットで聞こえてくる祭囃子、異形達の祭り会場で消えた友人

読了までの目安時間:約 3分

異世界祭りで消えた友人

大学時代、友人の提案でドライブがてら心霊スポットに遊びに行くことになった。日も落ちて薄暗くなった山道を進んでいくと、ひと気もないのにあたりからドンドンという太鼓の音や笛の音が聞こえてきて――(おうまがタイムズ)



934
大学時代、初秋の頃、暇だったんで、友人3人とドライブに行ったときのこと。

車を1時間も走らせれば過疎地に行ける距離。
適当にあっち寄りこっち寄りしていて、
大して面白くもなく時間が過ぎて、あっという間に夕方近くになっていた。

友人の一人Aが「そーいや、ここらへんに心霊スポットがあんじゃね?」って言い出した。
まだスマホもない時代、携帯の電波も悪い地域なのですぐに調べることはできないが、
友人Aの勘でその付近へ向かことにした。
夏も終わりに近づいていたので、日が暮れるのも早く、あたりは薄暗くなってきた。

「お~お~なんだか雰囲気でてきたねぇ」

とAははしゃぐ。
勘のわりには、「そこ右に曲がってみて」とか何だかテキパキとした指示で、やや違和感があったが、
ほかの連中もAにつられて盛り上がり始めた。

あたりが真っ暗になるころ、左手に建物が見えてきた。
よく地元産の野菜とか特産物を売るような道の駅っぽい感じの建物。

B「ここじゃね?」
A「いや、ここじゃねぇ」
俺「まぁ、普通の道の駅っぽいしなぁ」

建物は暗かったが、特に古くもないので、そのまま通り過ぎることにした。
なんか不気味な山道で、皆、押し黙っていたが、しばらく走っていると、
ドンドンという太鼓の音や笛の音が聞こえてきた。

C「おっ。祭りじゃね?」
B「らしいね。寄ってかね?俺、ションベンもしたいしさ」
俺「俺も~」

安堵感のため多弁になる俺ら。
少し進むと、さっきと似たような道の駅みたいな建物が左手にまた見える。

俺「あれ?さっきのじゃないよな」
B「わけねぇじゃん、いつの間に戻ったんだよw」

それにしてもさっきの建物とソックリなんだ。

俺「こんな似たような建物、近くに作るなんて税金の無駄遣いじゃねーかww」

と去勢をはったが、実は変な感じがしてビビっていたのだ。


続きを読む
おもしろニュース
おもしろニュースをご覧いただき ありがとうございます。

おもしろいニュースを投稿しますので
楽しんでくださいね。
— 広告 —


— 広告 —
最近の投稿